HublotとAjaxClubは、2023年まで契約を更新します

スイスの高級時計職人は再びサッカーへの愛を証明します! HublotとAjaxClubの間の長期協力協定は、2022/23シーズンまで延長されました。両当事者は、ブランドのアムステルダムブティックでニュースを発表しました。AjaxプレーヤーのPerrSchuursとクラブコマーシャルディレクターのMennoGeelenがイベントに参加しました。

Hublotは引き続きAjaxClubの公式スポンサーおよび公式タイムキーパーを務めます。SchaapenCitroenJewelersのCEOであるMarkvan Nieuwkerkは、ブランドに代わって契約に署名しました。 Schaap en Citroen Jewelersは、オランダにおけるHublotの独占小売業者であり、両当事者間の協力も拡大されます。

2011年以来、Ajax Clubとの協力により、ウブロ スーパーコピーオランダでのHublotのブランド認知度が大幅に向上し、2018年に142 P.C.Hooftstraatにあるブランドのアムステルダムブティックのオープンにも貢献しています。

チェルシー、ユベントス、ベンフィカに加えて、アヤックスはハブロットとのパートナーシップを確立した4番目のヨーロッパのサッカークラブです。

友達の輪だけに住んでいる「ニッチ​​」な女の子

「niche」のラベルを付けた、世界中で人気の脇下バッグは、2年近く人気を博しています。 2018年の終わりに、By FarというファッションブランドがInstagramホームページを静かに一掃し始めました。

ミニマリストで質感のあるラインがブランドラベルになりました。スモールバッグは脇の下の下に絶妙に留められたミニハンドバッグのトレンドに追いついており、控えめで多目的なシーンと相まって、By Farはソーシャル写真の爆発的なモデルになっています。 。視界から外に出た後、有名人は商品を持ってきて、それから努力しました。
ケンドールのまばゆいゼブラパターンやヘイリーのレトロなスタイリングなど、ジェニーが明るいズボンスーツを着ていても、バイファーがそれに匹敵します。

その後、人気のある市場が大規模に爆撃されました。 「ジェニーはバイファー麻雀バッグと同じです、あなたはそれを持っている必要があります!」、「冬を逃したなら、これは夏を逃すことはできません!」…国内のファッションブロガーはそれを「脇の下のバッグ」と直接呼んでいます。

もちろん、バイファーのハンドバッグは「脇の下のバッグ」であるだけでなく、ニッチなブランドとしてラベルを付けることができ、消費者の洗脳に成功しています。
それがニッチが人気になった方法です。

2016年に作成されたブルガリアのデザイナーブランドとして、バイファーは明らかに非常に明白な「ニッチ」レーベルを持っています。
創設者のValentina Bezuhanova、Sabina Gyosheva、Denitsa Bumbarovaは3人の若い女性です。彼らの女性の好みと消費者の傾向に対する洞察は、バイファーのブランドの本質を決定します。
若者からお金を稼ぎ、「ソーシャルマーケティング」の特急列車に乗車します。

多くのロレックスシリーズの中で、グリニッジIIシリーズは常に特別な存在です

多くのロレックスシリーズの中で、グリニッジIIシリーズは常に特別な存在です。サブマリーナシリーズを知っている多くの人と比較して、デザインとパフォーマンスの面で独自の特徴があります。今年、ロレックスは多面的なグリニッジタイプIIを発表しましたが、ロレックスがこの素材とデザインを時計に適用したのは初めてではありませんが、新しい時計には新しいムーブメントが詳細に搭載されていますまた、いくつかの対応する変更を加えました。その変化は何ですか?続けましょう。

        今年のバーゼルインターナショナルウォッチ&ジュエリーショーで、ロレックスはこのユニークなmet石「ペンペイ」を含む新しいグリニッジIIウォッチを発売しました。黄土色の表面のデザインと象徴的なベゼルは、異なるスタイルを作成します。グリニッジIIは、従来の時針、分針、秒針に加えて、独立した24時間針と双方向回転24時間スケールも備えています。 24時間針は、最初のタイムゾーンの基準時間(居住時間など)を示し、反対側の外側のリングスケールで読み取ることができます。旅行者は、ダイヤル上の従来のインジケーターを使用して現地時間を学習できます。

        黄土色の各ダイヤルには異なる品質の光があり、ユニークなロレックスの時計ダイヤルは時計をより認識しやすくします。アワーマーカーと針は18 ctゴールドで作られており、長時間持続します。ロレックスは、各ロレックスダイヤルを独自の工場で設計および製造しており、ほとんどのプロセスは手作業で行われています。

       市場で人気のあるスチール製のロレックスと比較して、貴金属材料のロレックスはスチール製のロレックスを区別する「しきい値」です。鋼の価格は比較的低い(一般価格)が、追いかけるのも難しい。したがって、強力な時計の友人は、貴金属材料モデルに変わり始めました。貴金属材料では、プラチナは比較的低く、選択の対象となっています。

        この時計は、巧妙に設計された自動調整式のタイムホッピングポインターを備えており、着用者は分針と秒針の動きに影響を与えることなく、巻き上げリューズで時間を簡単に調整できます。したがって、旅行者が出発時刻と場所時刻を同時に読み取ることができる場合は常に、正確な操作を確保してください。

        ロレックスには、高品質の18 ct金合金を開発するための専用の鋳造工場があります。さまざまな量の銀、銅、プラチナ、またはパラジウムを混合することで、さまざまなタイプの18 ctゴールドを抽出できます。金、ピンクゴールド、またはホワイトゴールドです。すべての原材料は高純度の金属で作られており、金が形成される前に、自主研究室の高度な装置で慎重にテストする必要があり、各プロセスは綿密です。生産開始以来、完璧さの追求はロレックスの一貫した主張です。

     新しいグリニッジII対応キャリバーには合計10個の特許があり、3285キャリバーにはパラクロムヘアスプリングが装備されており、衝撃や温度変化の影響から保護します。同時に、Chronergyエスケープメントシステムは約70時間のパワーリザーブで構成されています。すべてのロレックスのコンスタントコアコアと同様に、3285キャリバーもスイスの公式タイムピーステストセンター(COSC)に合格した精密時計に授与されるスイス公式認定タイムピースの認定を受けています。

この時計屋は、この極薄ブルガリ自動クロノグラフについて学ぶためにあなたを集めます

今年のバーゼルインターナショナルウォッチ&ジュエリーショーでは、ブルガリの新しいオクトフィニッシモGMT自動クロノグラフが業界で同じ時計のスリムな記録を更新するのに5回目となりました。超スリムな外観は、発表されてすぐに大きな注目を集めています。私たちが知っているように、ブルガリはプロの時計ブランドとして、そのブランドスタイルは常に業界の最前線にあり、「レギュラーの転覆」と「知名度の高い前衛」はブルガリウォッチのスタイルの良い解釈です。今日、この時計屋は、この極薄ブルガリ自動クロノグラフについて学ぶためにあなたを集めます。

       このブルガリブランドには、従来のクロノグラフ機能とGMTデュアルタイムゾーン表示の両方を備えた、これまでで最も細いクロノグラフがあります。時計の直径は42 mmで、全身はチタンでできています。ベゼル内の八角形のデザインは、ブルガリオクトフィニッシモコレクションの特徴です。時計の隅に力の感覚を見せてみましょう。

       ブラスト加工されたチタンの文字盤には、3つの小さな文字盤が千鳥配列で配置されています。 3時位置には、昼と夜を区別する24時間スケールのホームディスプレイパネル、6時位置には30分カウンター、9時位置にはスモールセコンドがあります。テーブルの横には、目的地の時刻を調整するためのボタンがあります。

       同じ業界の現在の時計の自動クロノグラフを更新する5回目として、時計の厚さはわずか6.9 mmです。クラウンは反対側にあり、上部に黒いセラミックがあり、簡単に調整できるようにクラウンの周りに滑り止めの質感があります。クラウンの上部と下部にタイミングボタンがあります。

       ブルガリオクトフィニッシモGMT自動巻きクロノグラフの背面には透明なデザインが施され、外側の振動錘により着用者はムーブメントの魅力を理解することができます。 BVL318機械式ムーブメントを搭載し、厚さはわずか3.3 mmです。その統合されたムーブメントは、テクノロジーの境界を打ち破り、ブルガリの優れた時計製造に関する深い知識を改めて示すモデルです。時計のブレスレットもサンドブラスト加工されたチタン製で、ブレスレットに折りたたみ式の留め金があり、ブルガリのクラシックなロゴが刻まれています。

       ブルガリオクトコレクションの形状もユニークで、創業以来自己完結型になっており、フィニッシモウォッチを搭載した超薄型ウォッチの業界ベンチマークも確立しています。このオクトフィニシモGMT自動クロノグラフは、オクトシリーズの5番目の要素の原則に準拠しています。純粋に理想的な状態を追求し、ブルガリの優れた時計製造に関する深い知識をもう一度強調しています。

プロトタイプとしてのヨットに基づいて、ヨットの時計を作成します。

「プロトタイプとしてのヨットに基づいて、ヨットの時計を作成します。」それはおかしく聞こえますか?今年、アテネの時計は、現代の豪華ヨットの所有者向けに設計されたヨットウォッチ-メガヨットパイロットシップウォッチを発売しました。ヨットのレイアウトによれば、文字盤にはアンカー、プロペラ、伝達ベルがあり、これらは鮮明な海のナビゲーションマップを示しており、視覚効果は非常に優れています。

       航海時計で始まったアテネの時計は、世界で最も信頼性の高い航海天文時計を作成し、驚くべき「天文学の三部作」を作成しました。アテネの時計が星の海を真に包み込むブランドであるなら、絶対に価値があります。

       それが海の武器の「天文学的な天文時計」なのか、占星術の「天文学的な三部作」なのか。アテネの時計は、自然からインスピレーションを得て時計を通して解釈するのに非常に優れています。今年、アテネの時計によって発表された「豪華ヨット」に触発されたメガヨットのパイロット船は、ブランドの最初の海の世界の創造的な解釈ではありません。 2016年、アテネの時計はヨットの形に触発され、18ピースの「Grand Deck Grand Voyage Flagship Tourbillon」の限定版を発表しました。

       グランドデッキのフラッグシップトゥールビヨンウォッチは、独自の自動復帰デジタルタイムホッピングデザインで、ハイテクナノファイバーワイヤーをロープとして使用し、スライダーを引いて分を表示し、2つの同軸カルーセルに時間を表示します。 6時位置のトゥールビヨンのデザインは非常に人目を引き、プロペラの形に作られており、オリジナルのヨットを表現しています。この複雑でユニークなハイテク時計は、時計業界全体の注目を集めました。

       今年のメガヨットのパイロットシップウォッチは、グランドデッキの航海用ウォッチの続きであるだけでなく、アテネウォッチの独創的なデザインのブレークスルーでもあります。 7つの海では、風と波の恐れはありません。この「ヨットウォッチ」を手に着けるのがどのようなものかはわかりませんが、この「ヨットウォッチ」の味は最初に「味」になります。

       新しいメガヨットパイロットボートは、豪華ヨットの船首、固定機、アンカー、プロペラ、トランスミッションベルなど、現代の豪華ヨットの最も特徴的な機能を導入しています。

       時計は、アンカーリングによってチェーンに接続されているモダンなデザイン要素を備えたプラウシェアの形でアンカーを提示します。デバイス全体はダイヤルの装飾のように見えますが、実際には、現在のパワーリザーブを表示するために、チェーンがクラウンのクラウンとともに移動します。

       可能な限りリアルにするために、メガヨットのパイロットボートには12時位置に小型の巻き上げ機が装備されています。手巻きは関連する歯車列を駆動し、ウインドラスが回転し続け、ゆっくりと上昇するアンカーを模倣します。フルチェーンの後にクラウンを回し続けても、巻き上げ機は機能し、機械の美しさを示します。

       正確なタイミングを保証するフライングトゥールビヨンデバイスはプロペラ形状に設計されており、このユニークなデザインは鮮やかで興味深いだけでなく、アテネの時計のブランドスタイルも示しています。

       メガヨットのパイロット船の細部は、航海の世界と密接に関連しています。ポインターは、海に浮かぶブイのように海からインスピレーションを得ます。この時計には、着用者の選択した場所の潮の変化をリアルタイムで示し、潮の季節係数を示す8時位置に潮インジケーターが装備されています。これは、船の送信クロックと同じ方法で表示されます。 9時位置の3Dムーンは、位相変化を示すように設計されています。

       アテネの時計の非常に正確な彫刻プロセスは、パイロット船の時計に実際の月の表面と同一の3Dミニチュア月を作成します。月相は2つの半球で構成されています。ブルームーン物理蒸着(PVD)表面は三日月サイクルを示し、ロジウムメッキ表面は太陽に照らされた側面をシミュレートします。

       サイドデザインも独創的です。調整モードは、リューズを回すことでオンにでき、ケース側面の透明な窓から、さまざまなモードの切り替え状態を確認できます。 (S:時間/ポインターの設定、TM:潮と月の満ち欠け、W:チェーン上の動き)。

カーボンファイバー中空時計の動きは最も強いが、価格は最も低い。

カーボンファイバーのハイテク素材は、ランダムな配置と交互の層に基づいて、ケースに圧倒的な視覚効果を生み出し、それぞれが独自の特性を示しています。鈍いスタイルのデザインのオールブラックシェルの神秘的なテクスチャーは、華やかなマットなテクスチャーを明らかにしています。

    近年、Zener DEFYシリーズの時計は絶妙で絶妙な​​スタイルを持ち、そのクールで並外れた機械的感覚はトレンドの最前線をリードしています。黒とグレーのダイヤルはハンサムでクラシックで、複雑なパネルデザインは乱雑ではありません。タイムスタンプにより、読み取りが明確になります。現在、多くの時計は非常に洗練された複雑なディスクデザインに見えるように設計されていますが、明確な読み取り機能を無視しているため、非常に優れたカーボンファイバー時計です。

 2つの脱進機ホイール:時計用の脱進機1つ(1時間あたり36,000振動-5 Hz、上図)、クロノグラフ用の脱進機1つ(360000-1時間あたり50 Hz振動)
    時針、分針、一定秒針、およびタイムスタンプは、黒メッキのファセットで、黒いSuperLuminova蛍光塗料で満たされ、暗闇で微妙な輝きを放ちます。 3時位置に30分タイマー、6時位置に60秒タイマー、12時位置にパワーリザーブインジケーターが黒、グレー、赤で観客の前に表示されます。

 2つのストラップが付属しています:特殊なカーボンファイバーテクスチャーの黒いラバーストラップ付きの黒いテクスチャーラバーストラップ
    「ユニークなケーススタイル、クールで絶妙な透かし彫りの表面、カラースキームデザインの斬新さはすべて、Zenithの新しい未来的な構造デザインスタイルを示しており、トレンドのフロンティアトレンドです。」

    軽量のカーボンファイバー素材は大きなメリットをもたらし、ムーブメントには開発の余地がたくさんあります。エルプリメロ9004自動巻きムーブメントを搭載したこの時計は、1/100秒のタイミングが可能で、1時間あたり360,000回の振動を伴う驚くべき驚くべき周波数(50 Hz)で動作します。実際、この動きは誰にとっても見知らぬ人ではありません。それは非常に早期に提案されたが、それはまだ大量生産と価格を下げることができる最初のものです。

    「前衛的でクールな」デザインを維持するため、ムーブメントもダークブラックで、革新的なスケルトンムーブメントのエッジは暗闇で輝きます。設計に加えて、その強力な新エネルギーはよりクールであり、1秒で1回転することができる高速タイミング機能が将来のパイオニアであり、TIME LAB精密時計認証、速度および精度測定レベルの作成を通じてあなたが力を持っているときの排他的な未来。

    市場に出回っている多数のカーボンファイバー時計を見ると、カーボンファイバー中空時計の動きは最も強いが、価格は最も低い。

新しいJ12は同じ価格表の中で最も強力な市場競争力を備えています

COSC観測所の認証は、消費者にとって実用的ですか? 「それはブランドによって作られた単なる仕掛けです」しかし、実際に比較したとき、天文台の認定書が他に何も言っていない場合、「+ 6-4エラー」をとることが実用的であることを認識しました。

        COSC Swiss Official Observatoryによって認証されたすべての時計は、天文台認証と呼ばれる公式テストに合格する必要があります。テスト項目の1つ:移動時間の誤差は、平均日差+ 6-4以内に制御する必要があります。テスト済みのムーブメントでは、少なくとも時間、精度、安定性について心配する必要はありません。新しいシャネルJ12は、COSC天文台によって認定されたこのような運動を使用しています。

        円形中空振動錘と微調整錘を備えたバランスホイールは、パフォーマンスと品質の点でムーブメントの安定性を向上させるだけでなく、このムーブメントとこの時計のプレイアビリティもある程度向上させます。

        時計の裏をバックの形に、振動錘に「CHNAEL」、スプリントに「COSC」天文台認証マークを設定します。微調整された錘を備えたはずみ車を含みます。これらの詳細により、新しいJ12を模倣することもできます。人々は落胆しています。それ以来、私たちはJ12を身に着け、時計の裏をひっくり返し、ムーブメントの魅力を引き出したときに新しい喜びを感じました。

       新しいJ12シリーズダイアモンドを含まないモデルの国内価格は42,600人民元です。ムーブメントの設定であろうとクラシックなデザインレベルであろうと、購入しない理由は見つかりません。自作のムーブメント、オールセラミック素材、デザインの詳細、あらゆる側面により、新しいJ12は同じ価格表の中で最も強力な市場競争力を備えています。

ウブロ ジャパン・スペシャル・エディション 525.NX.0127.LR.JORL19

ムーブメント :キャリバー HUB1155
自動巻
ケース素材 :チタニウム(ポリッシュ仕上げ)
文字盤 :サファイアクリスタル
ケース径 :45.0 mm
防水 :5気圧
限定 :100本

このブログでも2019年のジュネーブサロンで発表された新作モデルを紹介していますが、なかでも印象深かったのがセラミック製の腕時計たちと、リチャードオーリンスキーとコラボしたポリゴンタイプの腕時計ですかね。

バーゼルワールドでもこのリチャードオーリンスキーコラボモデルがいくつか発表されていますが、この多角形質なモデルはなかなかくせになりそうです。

ポール・スミス×グローブ・トロッターのトラベルケース、“シグネチャーストライプ”着想のレザーパーツ

ポール・スミス(Paul Smith)とグローブ・トロッター(GLOBE-TROTTER)のコラボレーショントラベルケース第2弾が、2019年7月27日(土)からポール・スミス主要店舗、グローブ・トロッター全店舗などで発売される。先行予約は2019年7月13日(土)から26日(金)まで。

コラボレーショントラベルケースは、グローブ・トロッターを象徴する「ヴァルカン・ファイバー」をボディーに採用。ブラックのケースの角を覆うコーナーレザーには、ポール・スミスの「シグネチャーストライプ」から着想を得たネイビー、トープ、ライムイエロー、セージ、バーントオレンジ、ピーコック、バーガンディー、ブライトレッドの8色が施されている。

ケースの内側にはグレーのリネンライニングを配し、ポール・スミスの「シグネチャーストライプ」をあしらったインナーベルトをセット。グローブ・トロッターとポール・スミス、英国を代表する両ブランドならではのクラシックさと、ひねりを効かせたデザインが魅力の1品だ。

【詳細】
ポール・スミス×グローブ・トロッター
発売日:2019年7月27日(土)
先行予約日:2019年7月13日(土)~26日(金)
※先行予約をすると、色のコーナーレザーと同色のイニシャルを文字まで無料で追加できる。
展開店舗:ポール・スミス主要店舗、グローブ・トロッター全店舗、ポール・スミス公式オンラインショップ、グローブ・トロッター公式オンラインショップ

3.1 フィリップ リム新作バッグ、シアリングを飾った「パシュリ」やゼブラ柄「ルナ」

3.1 フィリップ リム(3.1 Phillip Lim)の2019年秋冬コレクションから、新作レディースバッグが登場。2019年9月上旬から中旬にかけて発売される。

3.1 フィリップ リムの新作バッグにはシアリングを用いたモデルや、アニマル柄を採用したモデルなど、秋冬にぴったりのアイテムが多数ラインナップしている。

ジップディテールとプッシュロッククロージャ―が特徴的なアイコンバッグ「パシュリ」からは、シアリングを用いた新作モデルを展開。なめらかなレザーに、ふわふわのファーが遊び心を加えている。ストラップが付属するので、ショルダーバッグとして使うことも可能だ。

ハンドルを持つと三日月のようなフォルムになる「ルナ」には、上品な光沢を纏ったゼブラ柄のモデルが加わる。バッグの両サイドにあしらった紐を中央で結ぶことによって、異なるシルエットを楽しむことができるのも魅力だ。

「パシュリ」ベルトバッグには、レオパード柄ボディに、ゴールドのプッシュロッククロージャ―を組み合わせた新作が登場。ベルトバッグとしてだけでなく、ショルダーバッグ、クロスボディバッグ、クラッチバッグと、自分好みで何通りもの使い方ができる。